キッチン

昔の調理場、厨房は、手元を隠したり、人に見えない奥まった位置に配置したものです。
最近では敢えて見せるキッチンや、家具のようなキッチンが増えてきました。
そして、調理したものを、キッチンから繋がったカウンターですぐに食事ができたり、自分で創っていくオーダーキッチン等の、機能性だけにとらわれたキッチンではなく、デザインや材質にこだわったライフスタイルに合わせたキッチンへと変わりつつあります。
キッチンの配置も、壁に向かって調理するキッチンだけではなく、家族と対話しながら調理のできる対面型やアイランド型のキッチンも増えてきて、形もI型をはじめとしてL型・コ型・A型・V型など様々なキッチンが出てきました。
また、狭小住宅のキッチンはどうしても配置をよく検討しなければ、更に狭く感じてしまいますので注意が必要です。
間取りに合わせたキッチンを選ぶことや、素材・デザイン・機能性の検討は、毎日使うものだからこそ、こだわった飽きの来ない、使いやすいキッチンを選びたいものです。
キッチンも住宅も、住み手によって多種多様になっていることは間違いないでしょう。

狭い住宅:キッチン

昔、人々はキッチンを隠して家の人里離れた場所に置いておくのが好きでした。居間や食堂など、食べ物や飲み物が出される美しい空間だけをゲストに見てもらいたかったからです。年が経つにつれて、人々は自分のキッチンを美しく魅力的なものにするためにさらに努力しました。テレビ番組では、キッチンは家の他の部屋と同じくらい注目されており、最先端のデザインと電化製品が特徴です。 

ここナローレジデンシャルでは、キッチンを料理のモチベーションを高める場所に変えることを使命としています。スペースがどんなに小さくても大きくても、完璧なデザイン、カラーパレット、さらには家具や電化製品の作成をお手伝いします。キッチンのスタイリング方法に関するヒントをご覧ください。 

  1. バランスを見つける
    誰もがいたるところに物がある過密なキッチンを望んでいません。特にスペースが少ない場合は、物事を清潔でシンプルに保つようにしてください。それはすべて強制的で圧倒的に見える可能性があるので、電化製品や装飾に乗り越えないでください。あなたはあちこちに簡単なタッチを加えることができますが、あなたと他の家族がそれをもっと使うように動機づけるのを助けるためにあなたの台所をきちんと上品に見せておいてください。 
  2. すべてための場所を指定する
    のキッチンは家の中で最も厄介な部分の1つになる可能性があります。食器や調理器具をあちこちに置いておくと、事故に巻き込まれたり、物を壊したりする危険があります。すべてのための場所を確保し、そこに保管してください。そうすれば、あなたはより組織化され、あなたの美しい空間で働く準備が整います。 
  3. キャビネットと引き出しは必需品です
    最近、あらゆる種類の収納オプションが大流行しています。人々はスタイリッシュなキャビネットや引き出しを購入して、自分のスペースに素敵なアクセントを付けるのが大好きです。このチップは、便利で装飾的な機能を同時に兼ねています。あなたのキッチンは見栄えが良く、機能的でもあります。 
  4. 賢く色を選ぶ
    あなたの好きな色が赤であるならば、あなたがあなたの台所全体をその色に塗るべきであるという意味ではありません。物事をすっきりとエレガントに見せるために、家には中間色を使用するのが最善であることに注意してください。インテリアデザイナーに相談して、壁、キャビネット、椅子、カウンタートップに使用する色の適切な組み合わせを選択するのを手伝ってください。 
  5. 測定値が正しいことを確認してください
    キッチンの見栄えを確認する技術的な側面は測定値です。家具やキャビネットを購入する前に、まず建築家やインテリアデザイナーに相談してください。たとえば、冷蔵庫は収まらないため、スペースに対して高すぎたり広すぎたりしないでください。正しい測定値を取得してから、家具や電化製品の購入を開始します。 

建築家や他の専門家と協力して、キッチンの建設と設計を手伝うために私達に連絡することができます。今日私達に連絡し、あなたの夢の家を建てるあなたの旅を始めましょう!