ビルトインガレージ

使い勝手の面でも、車への愛情、防犯面、さらに駐車場代という面でも、狭小住宅に「ビルトインガレージ」が必要となることは多いでしょう。

敷地さえ余裕があれば「ビルトイン」にする必要はないでしょうが、狭小地の場合はビルトインにせざるをえないこともあるでしょう。

愛車をより身近に置きたいので居室からクルマが見えるようにしたい、という方もおられるでしょうし、中には「ビルトインで2台入れたい」という方もおられるでしょう。

1台ならともかく、住まいの構造安全性を確保した上で2台分のビルトインガレージを木造でつくるには、強度の問題が大きく影響します。確かな設計と無理のない工法が求められます。

■開口部を大きく取れる工法の場合
構造計算で圧倒的な強度を保証された重量木骨の家(SE構法)なら、大開口部にビルトインガレージを実現可能です。

■在来木造の場合
強度を確保するため、どうしても壁に頼り開口部を小さくする必要があります。

ビルドワークスでは、 「一階にガレージを入れてしまうと開口部が多くなり、建物が弱くなってしまうのでは・・・」「耐震性や施工が不安なので、耐震壁になる部分を多くとって家を倒れにくく・・・」「強度的にもしっかりした物が設計できますか?耐震対策は?」などのお施主様にとっての不安をしっかり考え、SE構法(重量木骨の家)をお勧めします。
三階建ての設計のポイントはまず丈夫さです。「デザインより、開口部(窓の大きさ)・耐震壁を十分につけて」というような凝り固まった設計をするよりも、自由にライフスタイルを考慮した三階建てを建てることを提案します。 全てにおいて荷重・応力も計算し、快適で安全な都市型三階建て住宅を提供いたします。

狭い住宅:ガレージ

車の所有者にとって、ガレージは基本的な必需品です。これはあなたがあなたの世話を安全に保ちそして他の重要なアイテムを保管する場所です。一部の世帯では、追加のストレージに使用されます。ガレージの主な目的は、車両を要素から安全に保つことです。車を家の外にさらすよりも、家の中に閉じ込めた方が安全です。 

Narrow Residentialは、優れたガレージの品質を信じています。小さな家やタウンハウスにも車両の保管が必要です。私たちはあなたの家をあなたのガレージと完全に一致させることができます。 

ガレージを整理する方法

  1. アイテムを分類するアイテムを
    -分類してラベルを付けることは、整理するのに最適な方法です。ほとんどの人はガレージにたくさんのものを保管するのが好きなので、きちんとしていて、すべてがどこにあるかを知ることが重要です。工具は車の付属品とは別に保管し、家庭用品も別の場所に保管してください。ラベルメーカーを使用して、すべてがどこにあるかをマークできるため、混乱することはありません。
  2. すべての場所を用意する
    -ガレージの周りをうろついている場合は、物をぶら下げたままにしないでください。ツールをツールボックスに保管する場合は、そこに保管してください。ガレージでアイテムを使用した後、それらを元の場所に戻します。そうすれば、物を失うことも、事故の危険を冒すこともありません。
  3. 適切なレイアウトを見つける
    -覚えておくべきもう1つの重要なことは、適切なレイアウトを見つけることです。大きなガレージがある場合は、車を1か所にのみ配置する必要があります。残りのスペースは、別の車やより多くの家庭用品用にすることができます。あなたのガレージが最初に建てられたとき、あなたがそのスペースで何をしたいのか想像してみてください。片隅に木工机が欲しいですか?別のストレージエリア?理想的なレイアウトを見つけて、飾り付けを始めましょう。
  4. キャビネットと保管スペースを設置する
    -ガレージを所有する場合、スペースと保管が重要です。キャビネットとボックスは、物事を整理するための優れた方法です。ツールを1つのキャビネットに保管し、次にカーアクセサリーを別のキャビネットに保管することができます。それはあなたの家にもはや収まらないアイテムのための追加のスペースとしてさえ役立つことができます。
  5. 助けを求める
    -ガレージをどうするかわからない場合は、助けを求めてください。あなたの家族や信頼できる友達に手を差し伸べてください。あなたの周りの人々の意見は大きな助けになり、あなたがより良い決定をすることを可能にすることができます。 Narrow Residentialのコンサルタントに相談して、夢のガレージについて尋ねることもできます。 

詳しくはまでお問い合わせください info@kyosho-jutaku.com 。私たちの電話番号は739-332-1997です。あなたの夢の家についておしゃべりするのを楽しみにしています!ご質問やご意見がございましたら、お気軽にお問い合わせください。