間仕切り

視線をさえぎってしまう壁や間仕切りをなくし、1フロアワンルームとして、動かせる収納家具を間仕切りに使ったり、「透ける」素材を採用すると、開放的なフレキシブルな空間を使えます。

たとえば、リビングとダイニングとキッチンをそれぞれ独立させないで、一体空間として多機能に利用すれば、限られた空間をより広く使えます。(快適な狭小住宅への鉄則)

また、床に段差をつけたり壁に角度をつけるなど空間に変化を持たせ、視線誘導を上手に行うことで、実際より広い空間を感じることもできます。