吹き抜け

光と風を住まいに採り込んで、開放感と快適性を高める方法、ふたつめは吹き抜けです。

狭小地ではヨコ(水平方向)への広がりは限られています。そこにタテ(上下方向)への広がりをプラスして、空間のゆとりを感じさせるのが吹き抜けです。

リビングや階段室などに吹き抜けを設け、上部の窓から光を採り込めば、視線が自然と上部へと誘導され、開放感たっぷりの明るい空間をつくることができます。大きな吹き抜けでなくても、空間のゆとりが開放感を生みます。

大開口窓と併用すれば、室内であることを忘れるような開放感が得られます。

上部フロアの吹き抜け部分をグレーチングなどの透ける素材で仕上げれば、光を通して広がりを感じさせる上に、フロアとしても使用できるため、限られた面積を非常に有効に使うことができます。