間取り変更も視野に

将来、生活スタイルや家族構成が変化し、間取り変更やリフォームを行う場合に、変更する自由度が高い構造であればその費用は抑えられます。

たとえば、もともと1フロアがワンルームの状態ならば間仕切りをつけるだけで簡単に間取りが変えられる、ということです。

反対に、空間の変化が豊かで、高さ方向への視線誘導で室内が広く感じられるスキップフロアは魅力的ですが、間取り変更の可能性という点ではあきらめざるを得ません。