構造強度は大丈夫?

狭い敷地を狭く感じさせない設計・デザインを自由に効率よく可能にするために、また採光・通風・収納・開放感の演出をより効果的に行うために、自在な設計を可能にする高強度の構造躯体が必要となります。

強度を保つ柱や壁がフロアの中にあっては自由なレイアウトができず、大きな開口部がとれなければ採光や通風の難度がさらに増してしまいます。

安全性は第一条件です。安全性を科学的に証明した上で、ヨコ(水平)方向、タテ(垂直)方向ともに自由に設計できる強度を持った構造が、特に狭小住宅には必要ではないでしょうか。

■構造部の変形、耐震性の比較

■軸組工法のように筋交いで変形を抑えるのではなく、構造用合板と高強度の接合部で受け止める重量木骨の家/SE構法。変形の起きにくい工法である。

■通常の柱2本をひとつにして作り上げる重量木骨の家/SE構法の耐力フレーム。圧倒的な構造強度を実現している。